クーリングオフををハガキで行う方法

あなたは脱毛エステのクーリングオフを行うためには、相手にアポを電話でとって、自らが出向く必要があると思っている人も多いと思いますが、実はハガキ一枚で完結させることができるのです。
しかし、初めてクーリングオフをする人にとって、どのような文面を書けばいいのかわからないですよね。
そこで今回はそんなクーリングオフををハガキで行う方法について紹介していきましょう。

表は通常通り宛先と宛名を

ハガキの表には誰かに送るときと同様相手の宛先の住所と宛名を書きましょう。
内容証明の郵便でも可能ですが、そこまでする必要はなくハガキの方が簡単にできるので、ハガキで行うことがお勧めです。

ハガキの裏面の書き方の参考例

葉書の表に「サロンの住所、サロンの名前」を書きます。
ハガキの裏面には以下のように書いてください。
数字やコースの内容は参考例としてください。

通知
契約日時   2015年12月5日
契約会社名 全身脱毛格安サロン
契約会社の住所    東京都渋谷区 脱毛サロンビル1F
電話番号  03-1234-5678
担当者名  あなたの契約書にサインをしている人の名前で良い
契約した商品名  全身脱毛の6回コース
価格    300,000円

上記の契約または申し込みを解除致します。

あなたの住所 東京都新宿区 
あなたの氏名 東京 太郎

以上のような書き方をすればクーリングオフには十分でしょう。
大切なのは契約を解消したいということをきちんと明記することなので、必要最低限の情報さえ入れれば問題ないので、あえてクーリングオフの理由などを書く必要もありません。
余計なことを書いてしまうと、知識のない人の場合墓穴を掘ってしまう可能性するあるためできるだけ、必要最低限で抑えると良いかもしれません。
ぜひあなたがハガキでクーリングオフを行うのであれば参考にしてほしいと思います。

クーリングオフ調査結果