脱毛エステサロンとクリニックではクーリングオフ制度は違う

あなたは脱毛エステとクリニックでは、似たような施術内容だとしても、クーリングオフのできるできないが大きく違うことを理解していますか?
実はサロンとクリニックでは全然クーリングオフの制度が違うのです。
そこで今回はそんな脱毛エステサロンとクリニックではクーリングオフ制度の違いについて比較し、紹介していきましょう。

脱毛サロンの場合は法律で守られている

脱毛サロンの場合は、特定継続的役務提供という法律が適応されるため、契約した日から8日以内であればクーリングオフができるということが保証されています。
そのため、この期間内であれば、契約を無効にすることができ、支払ったお金を全額返金してもらうことが可能になっています。

クリニックでの医療脱毛にはクーリングオフがない

多くの人は脱毛サロンと脱毛クリニックの違いをあまり理解していない人も多いようですが、その効果や制度は全く違います。
クーリングオフで言えば、すべてのクリニックでクーリングオフを行うことができません。
そのため、もし万が一継続できない可能性も考えて、途中解約できるようなクリニックかどうかをあらかじめ理解しておくことが必要です。
医療脱毛はクーリングオフができない分、安全や安心の面で非常に充実したサービスを受けることができるので、サロンとクリニックでどちらが良いかは一概には言えませんが、是非あなたにあった方を決めてほしいと思います。

以上が脱毛エステサロンとクリニックではクーリングオフ制度の違いについてでした。
もしこれからあなたが脱毛をしようと考えているのであれば、もしものこともしっかり考えてから契約や申し込みを行うようにしましょう。
契約をする前には最低限これらの脱毛エステサロンやクリニックでクーリングオフは可能か?ということを知ってから行うようにしましょう。

クーリングオフ調査結果